資産運用に不動産を考える

資産運用と聞くと、まずは定期預金で安定的な運用、そして元本割れを防ぐという方法があります。


次に投資信託や国債の運用、株式取引、FXなどの金融商品の運用があります。こういった金融商品は、中にはリターンも少ないが、リスクもそんなに大きくないという商品がある中で、大半は、リターンも大きく期待できますが、リスクも大きく伴うものです。



不動産での資産運用は、その不動産に誰かに住んでもらうという運用方法もあります。



家賃収入が配当金のような役割を持つからです。

家賃収入はあるからとはいえ、経年劣化によって不動産そのものの価値が下がってしまいます。

そこで注目したいのが、人気の土地や人気になるであろう土地、さらには駅などができ、この先開発が進むであろう土地に積極的に持つという方法もあります。これは、年数が経っても人気の土地であるがゆえに住みたいという人が絶えないことで家賃が思ったほど下がらないという効果を生み出すからです。

資産運用を考える上で、お金に働いてもらうということが運用上一番望ましい形ですから、不動産を所有し、家賃収入を得ながら運用するという方法はありえる話ではあります。
しかし、不動産もリスクはつきもので、自然災害や住人トラブルと言った金融商品とは違ったリスクもあります。



ただ、様々なものに資産運用し、自身の財産へのリスクを分散することで安定的な運用につなげることもできるというメリットもあります。


http://www.fudosantoushi.jp/
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4057666.html
http://toushi.homes.co.jp/%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E4%BC%9A%E7%A4%BE/%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%82%92%E6%8E%A2%E3%81%99/
http://www.citibank.co.jp/loan/products/investment_loan_index.html
http://www.daiwa.jp/products/equity/jrt/